昨年末に解散した国民的グループ、SMAP。今後の元メンバーの動向に注目が集まっているが、特に一部のメンバーが所属事務所から離脱することについて、話題になることが多い。一部のメンバーとは、キムタク以外の...[...]
元SMAPの中居正広の結婚が近いのではないかと、業界では話題になっている。国民的なタレントである中居の結婚となれば、祝福すべきことかもしれないが、そう簡単に話は進まないようだ。 昨年末にSMAPが解散したことで、現在は個人で仕...[...]

55

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効
トヨタ自動車は30日、人工知能(AI)を活用し、次世代の環境対応車に使う素材などの研究開発を実施すると発表した。環境技術の開発競争が激しさを増す中、米国の大学な…[...]
 トヨタ自動車は30日、米国の大学や研究機関と連携し、人工知能(AI)を活用して次世代車に必要な材料を研究すると発表した。4年間で総額3500万ドル(約39億円)を投じる。燃料電池車向けの触媒などを開[...]

35

星を有効星を有効星を有効星を無効星を無効
 住友精化 <4008> が3月30日大引け後(15:00)に業績修正を発表。17年3月期の連結経常利益を従来予想の75億円→95億円(前期は63.2億円)に26.7%上方修正し、増益率が18.5%増→50.1%増に拡大し・・・。[...]
 住友精化<4008.T>は30日取引終了後、17年3月期の連結業績予想の修正を発表。売上高を940億円から980億円(前期比12.6%増)へ、営業利益を90億円から100億円(同35.1%増)へ、最終利益を50億円から55億円(同37.1%増)へ上方修正し、3期ぶりの最高益更新を見込んでいる。高吸水性樹脂の販売が計画...[...]

35

星を有効星を有効星を有効星を無効星を無効
大谷 打者でスタート 右足首故障で調整遅れ「そればかり考えてもしょうがない」[...]
 当面は打者に専念する日本ハムの大谷はフリー打撃で好調ぶりを見せた。右足首痛のため、投手としての調整はまだできていないこともあり、「今できることをしたい。打席に立てば、一回一回に集中する」と、勝利に貢献する気構えを見せた。 栗山監督は西武の開幕投手、菊池が岩手[...]
プロ野球で2年連続日本一を目指す日本ハムは、31日の西武との開幕戦を前に調整を行い、栗山英樹監督は「今がベストのメンバーだ。ファイターズらし…[...]

45

星を有効星を有効星を有効星を有効星を無効
7人組アイドルグループ・アップアップガールズ(仮)のメンバー・佐保明梨さんが29日、東京・初台 the DOORSにて、初のソロライブ『Change & Destroy』を行った。 アプガのメンバーがソロライブを行うのはこ…[...]
7人組アイドルグループ、アップアップガールズ(仮)(アプガ)のメンバー佐保明梨が、3月29日東京・初台the DOORSにて、初のソロライブ「Change & Destroy」を行った。 アプガのメンバーが、ソロライブを行うのは初めてのこと。歌唱力が高く評価される佐保にとって、大きなチャレンジのライブ。また、アプ[...]

35

星を有効星を有効星を有効星を無効星を無効
「国会議員の多くが、天皇の問題にほとんど関心がない」と小林よしのり氏 自民党議員でも2割強しか意見を提出しなかったことや、マスコミの無関心を指摘 石破茂氏は「皇室が終わるときは、日本が終わるときだと思っている」とも[...]
森友学園への国有地激安払い下げ問題、安倍昭恵夫人の森友学園への100万円寄付、南スーダンの「戦闘」を「衝突」と言い張る稲田朋美防衛大臣の憲法違反認識発言、防衛省の南スーダン日報隠し問題、籠池氏との関係...(1/3)[...]
 政府は30日、天皇陛下の退位をめぐる「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(座長・今井敬経団連名誉会長)が22日の会合で行った専門家ヒアリングの議事録を公開した。退位後の称号について、3人の専門家が「上皇」か「太上天皇」を推し、それぞれ理由を説明した。[...]
 政府は30日、天皇陛下の退位を巡る有識者会議(座長・今井敬経団連名誉会長)が22日に実施した陛下の退位後の制度設計に関する専門家ヒアリングの議事録を首相官邸のホームページで公表した。君塚直隆関東学院[...]

35

星を有効星を有効星を有効星を無効星を無効
 世界選手権第2日(30日、フィンランド・ヘルシンキ)男子で4種類の4回転ジャンプを武器に平昌冬季五輪の金メダル候補に躍り出た17歳のチェンは、SPの最後のジャ…[...]
■フィギュアスケート「世界選手権」(男子SP=30日、フリー=4月1日、ヘルシンキ)「コンディションはすごくいい。自分のできる限界値を最大限に持っていきたい」自…[...]

45

星を有効星を有効星を有効星を有効星を無効
■今後の見通し 2. 成長戦略 テラでは今後の成長戦略について、細胞医療事業では症例数の拡大とコスト削減・効率改善を進めていくことで売上高の拡大と収益性向上を目指していく。また、医療支援事業については国内トップシェアとなる自動細胞培養ロボットや運営管理業務の拡販(現在120施設)、細胞培養施設の建築等に注力していくことで、収益を拡大していく方針だ。 最も注力する医薬品事業については、樹状細胞ワクチンの薬事承認申請を2022年までに行い、承認後は子会社のテラファーマ(株)で樹状細胞ワクチンの製造販売を進めていく方針で、2024年以降の大幅伸長を見込んでいる。また、提携先企業(製薬企業や再生医療関連企業)とのライセンス契約交渉も継続して取り組んでいく。 なお、細胞医療事業に関しては、樹状細胞ワクチン療法の改良等による新サービスの提供も開始する計画となっている。具体的には、再発予防用での治[...]
■テラの業績動向 2. 事業セグメント別動向 (1) 細胞医療事業 細胞医療事業の売上高は、前期比21.9%減の807百万円、営業損失は517百万円(前期は213百万円の損失)となった。増減益要因の内訳を見ると、減益要因としては売上減に伴う売上総利益の減少で161百万円、売掛金に対する貸倒引当金の計上で134百万円、その他費用の増加で68百万円となった。一方、増益要因としては研究開発費の減少で47百万円、広告宣伝費の減少で12百万円となった。なお、貸倒引当金は複数の医療機関からの売掛回収が遅れたため計上したものだが、2017年12月期は貸倒引当戻入益として計上される見込みとなっている。 症例数については前期の1,174件から912件に減少した。1年間の症例数としては2011年12月期の1,452件をピークに5年連続の減少となっており、第4四半期だけでみても約210件(前年同期は290件[...]
■業績動向 1. 2016年12月期の業績概要 テラの2016年12月期の連結業績は、売上高が前期比5.6%減の1,801百万円、営業損失が621百万円(前期は601百万円の損失)、経常損失が667百万円(同623百万円の損失)、親会社株主に帰属する当期純損失が918百万円(同990百万円の損失)となった。 売上高は細胞医療事業において樹状細胞ワクチン療法の症例数が減少したことが減収要因となった。一方、利益面では医療支援事業において細胞培養関連装置等の受注販売が好調だったものの、細胞医療事業における減収や売掛金に対する貸倒引当金の計上、医薬品事業における再生医療等製品としての承認取得に向けた開発費用の計上等により前期並みの営業損失額となった。また、特別利益として投資有価証券売却益199百万円を計上したものの、細胞医療事業において所有する固定資産に関して減損損失401百万円を計上したこと[...]
■今後の見通し 1. 2017年12月期の業績見通し テラの2017年12月期の連結業績は、売上高が前期比4.5%減の1,720百万円、営業利益が100百万円(前期は621百万円の損失)、経常利益が80百万円(同667百万円の損失)、親会社株主に帰属する当期純損失が350百万円(同918百万円の損失)となる見通し。売上高は細胞医療事業における症例数の減少傾向が続くことや、テラ少額短期保険が子会社から外れた影響等により減収となるものの、営業利益は4期ぶりの黒字転化を見込んでいる。利益の大幅改善を見込んでいる理由は、1)報酬契約等の固定費を大幅に削減すること、2)損失が続いていたテラ少額短期保険が子会社から外れたこと、3)前期に減損損失を計上したことにより、減価償却費が前期実績の138百万円から大きく減少すること、4)前期に計上した貸倒引当金134百万円の戻入益を計上すること、などが挙げられ[...]

35

星を有効星を有効星を有効星を無効星を無効